神戸製鋼 逆転Vに望みつなぐ 東芝は5連敗で負け越し危機

[ 2016年12月12日 05:30 ]

神戸製鋼―東芝 後半、突進する神戸製鋼・正面
Photo By 共同

 ラグビートップリーグは11日、3試合が行われ、神戸製鋼は30―24で東芝を破り、勝ち点42として逆転優勝に望みをつないだ。

一方、敗れた東芝は泥沼の5連敗で7敗目。あと1敗すればチーム史上初のレギュラーシーズン負け越しが決定する。また、トヨタ自動車は宗像サニックスに敗れ、上位3チームに与えられる日本選手権の出場権争いから後退。NTTコミュニケーションズも下位の豊田自動織機に敗れる波乱があった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月12日のニュース