羽生がフリーへ上々の調整 宇野はジャンプで本番に不安残す

[ 2016年12月9日 23:05 ]

フリーに向けて練習する羽生
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで男子ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が9日、フランスのマルセイユで10日夜(日本時間11日早朝)に行われるフリーに向けて試合会場で調整し、上々の出来だった。

 男女通じて初の4連覇が懸かる羽生は序盤でトーループとサルコーの4回転で転倒する場面があったが、きっちりと修正した。4回転ループは好調だった。SP4位の18歳、宇野昌磨(中京大)は4回転フリップなどで転倒し、本番に不安を残した。

 女子の宮原知子(関大)は9日夜(同10日早朝)のSPへ向け、各ジャンプを入念に確認した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月9日のニュース