卓球プロ化へ新リーグ検討 「Tリーグ」18年開幕目指す

[ 2016年12月4日 05:30 ]

リオ五輪での水谷ら活躍で注目度が上昇。日本卓球協会が新リーグ設立を検討している
Photo By スポニチ

 日本卓球協会が将来的なプロ化を視野に、新リーグ設立を検討していることが3日、関係者の話で分かった。2018年中の開幕を目指す。リオデジャネイロ五輪での日本選手の活躍で高まった注目を生かし、20年東京五輪に向けた競技力向上やファン拡大につなげる狙いがある。

 新リーグは、実業団による既存の日本リーグをベースにし、1部は男女とも6~8チームで構成する予定。新たにサッカーのJリーグクラブなどからの参加も募る。方式はホームアンドアウェー方式の団体戦で、名称は「Tリーグ」などの案が挙がっている。10日の理事会で承認されれば、来年4月をめどにリーグの統括組織を発足させる。

 リオ五輪に出場した女子の福原愛(ANA)石川佳純(全農)伊藤美誠(スターツ)、男子の水谷隼(ビーコン・ラボ)ら日本のトップは、実業団に所属せずに主に海外のツアーを転戦している。関係者は人気選手の新リーグ参加を期待しているが、日程面などの課題は多い。

 他競技では、バスケットボール男子が9月にプロによる「Bリーグ」をスタートし、バレーボールは18年秋からのプロ化を目指した「スーパーリーグ」の構想がある。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2016年12月4日のニュース