Bリーグ 表彰規定を決定 B1の優勝賞金最高額は6000万円に

[ 2016年10月5日 17:27 ]

 9月に開幕した男子プロバスケットボールBリーグは5日、都内で理事会を開き、表彰規定を決定した。B1(1部)の優勝賞金最高額は年間優勝の5000万円とレギュラーシーズン・カンファレンス優勝の1000万円を合わせた6000万円で、シーズンの全試合終了後に予定する表彰式で授与される。

 リーグ開幕前まで行われていたナショナルリーグ(NBL)は優勝1000万円、TKbjリーグは300万円。新リーグはソフトバンクなど大口スポンサーから支援を受けて賞金が大幅アップとなった。大河チェアマンは「リーグ1部の優勝の価値を高めるということ。(カンファレンスの優勝以上に)優勝の重みをチャンピオンシップにつけたい」と説明した。

 そのほか年間準優勝チームには2000万円、年間ベスト4は750万円、チャンピオンシップ出場には500万円が贈られる。また、B2(2部)の年間優勝には1000万円、年間準優勝には300万円。

 個人表彰ではレギュラーシーズン及びチャンピオンシップの各最優秀選手賞(MVP)に100万円、得点王やアシスト王など各スタッツ最多選手の賞金は30万円となった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年10月5日のニュース