セン世昌 6打差逆転、日本ツアー初制覇 山下一時首位も3位

[ 2016年9月25日 15:14 ]

 男子ゴルフのアジアパシフィックオープン・ダイヤモンドカップ最終日は25日、大阪・茨木市の茨木CC西Cであり、セン世昌(セショウ)(30=台湾)が62をマーク、通算10アンダーで6打差を逆転、日本ツアー初優勝を飾った。

 3打差3位で出た山下和宏(42=ザ・サイプレスGC)は一時単独首位に立つも、中盤以降にショットが乱れ、68の通算7アンダーで3位。小池一平(31=境川CC)は69で回り、通算8アンダーの自己最高位2位に入った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2016年9月25日のニュース