リオ銀メンバーの飯塚200M初V「負けたくない気持ち強かった」

[ 2016年9月25日 05:30 ]

<全日本実業団選手権初日200メートル決勝>快勝した飯塚

 陸上の全日本実業団対抗選手権が24日にヤンマースタジアム長居(大阪市)などで行われ、男子200メートルでリオデジャネイロ五輪400メートルリレー銀メダルの飯塚翔太(25=ミズノ)が20秒57で初優勝した。

 リオ五輪ではこの種目予選落ちながら「代表メンバーには負けたくない気持ちが強かった」と同じく五輪同種目に出場した藤光、高瀬を抑えた。ただし、リレーの銀メダルメンバー、山県、ケンブリッジは100メートルに専念するために200メートル出場を見送ったため「2人が走っていればもっと盛り上がった」と残念がった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2016年9月25日のニュース