境川部屋おかみも涙でねぎらい「いつか大きなことをやってくれる子だと」

[ 2016年9月25日 05:30 ]

大相撲秋場所14日目

(9月24日 両国国技館)
 境川部屋のおかみ・小林美奈子さん(53)は部屋に戻ってきた豪栄道とがっちり握手を交わし「良かったね、おめでとう」と涙ながらにねぎらった。

 「部屋に入ってきた頃から、いつか大きなことをやってくれる子だと思っていた」と当時を振り返る。14年の大関昇進以降はケガや不振に苦しんだ姿を近くで見てきただけに「大関昇進後はつらいことばかりで、うれしいことなんて一つもなかったと思う。本当に良かったです」と目を潤ませた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2016年9月25日のニュース