内村に県民栄誉賞特別賞 出身の長崎県、ロンドン後に続き2回目

[ 2016年9月1日 12:42 ]

 長崎県は1日、同県諫早市出身でリオデジャネイロ五輪の体操男子個人総合と団体総合で金メダルを獲得した内村航平に「県民栄誉賞特別賞」を贈ることを決めた。内村は前回のロンドン五輪で個人総合優勝した後にも受賞しており、今回が2回目。表彰式は21日を予定している。

 長崎市出身で柔道男子81キロ級の銅メダリスト永瀬貴規には「県民表彰特別栄光賞」を授与する。中村法道知事は1日の記者会見で「多くの人に感動と勇気を与えてくれたことに感謝したい」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年9月1日のニュース