沙保里「次の道に向かって」至学館大に籍残す…近日中にも発表

[ 2016年9月1日 05:30 ]

<吉田沙保里が九重部屋を弔問>先代九重親方の銅像の横で報道陣の質問にこたえる吉田沙保里

 吉田はこの日の夜、都内で行われた日本レスリング協会主催の報告会に出席した。

 吉田は「次の道に向かって頑張っていく」とあいさつしたが、五輪時はチームリーダーを務めた栄強化委員長は「至学館大に籍を残すことで話は固まった。近日中に発表できると思う」としたうえで「選手兼コーチとして活動して、もし気持ちが20年(東京五輪)に向かうなら(現役を)やればいいし、引退するなら東京はセコンドとして支えればいい」と、代表チームとしてもコーチ兼任のポジションとしたい考えを示した。

 また、福田富昭会長はこれまでの功労に対し特製のプラチナ製メダルを贈ることを発表した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年9月1日のニュース