カロビッチ1試合最多エース61本 5セットの熱戦制す

[ 2016年9月1日 05:30 ]

テニス全米オープン第2日 男子シングルス1回戦 カロビッチ4―6、7―6、6―7、7―6、7―5盧彦勲

(8月30日 ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)
 カロビッチが盧彦勲との1回戦で、記録が残る1991年以降では1試合最多となる61本のサービスエースを決めて、競り勝った。

 5セットにもつれる熱戦で、このうち、3セットはタイブレークだった。これまでは99年の準々決勝でクライチェク(オランダ)が記録した49本が最多だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年9月1日のニュース