リオパラは全面除外のロシア、18年平昌パラ出場の可能性

[ 2016年9月1日 05:30 ]

 国際パラリンピック委員会(IPC)は30日、国ぐるみのドーピングで資格停止処分とされたロシア選手団に関し、資格回復の条件を満たせば18年平昌パラリンピックへの出場は可能との見解を明らかにした。

 9月のリオデジャネイロ・パラリンピックからは全面除外となった。IPCは「今月7日にロシア・パラリンピック委員会(RPC)を資格停止とし、リオ大会から除外する処分を発表したが、平昌大会までロシアの出場は禁じていない」と述べ両者で復帰へのプロセスを協議しているとした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年9月1日のニュース