「五輪よりスピード出ている」萩野 2日出場予定 右肘は手術か

[ 2016年9月1日 05:30 ]

3個のメダルを手にする萩野公介

上月スポーツ賞 表彰式

(8月31日)
 内村らと大賞を受賞した競泳のリオデジャネイロ五輪男子400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介(22=東洋大)は痛みを抱える右肘について、今月半ばにも手術するか決断する意向を示した。

 「背泳ぎが泳ぎづらい。このままで4年後は考えられない。すっきりさせたい」と話し、国体(9~11日、岩手)後に医師と相談して今後の方針を決める。

 2日からは日本学生選手権(辰巳)に出場予定で「スピードは五輪の時より確実に出ている。困ったもんです」と自信たっぷりだった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年9月1日のニュース