跳馬「シライ2」新技認定 「ウチムラ」はいらない!?

[ 2016年9月1日 05:30 ]

リオ五輪種目別決勝の跳馬で成功した「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」を新技として認定され跳馬の「シライ2」と命名

 「ウチムラ」は必要ない!?国際大会などで好成績を残した選手を対象にした上月スポーツ賞の表彰式が31日、都内で行われ、リオデジャネイロ五輪の体操男子団体総合で金メダルを獲得し、大賞を受賞した内村航平(27=コナミスポーツ)、白井健三(20=日体大)らが出席。

 白井がリオ五輪の跳馬で決めた「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」が「シライ2」と命名されたことを受け、内村は「(白井は)もっともっと名前が付きそうな技を持っている。これで終わるような選手じゃない」と話した。

 自身の名の付く技をまだ保持していないキングは「(自身の技を持ちたい気持ちは)もちろんある」とした上で、「ここまで来て一つもないっていうのもアリかな」とニヤリ。床運動を含めて5つ目の「シライ」を手にした白井は、「いい演技ができた時のご褒美」と自然体だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年9月1日のニュース