白鵬 38度目の優勝を狙う本場所 初日2週間前に異例の休養

[ 2016年9月1日 05:30 ]

<白鵬 綱打ち>30日、真新しい綱を締めた白鵬(中央)

 大相撲秋場所(11日初日、両国国技館)で38度目の優勝を狙う横綱・白鵬が31日、朝稽古を休んだ。

 白鵬が初日2週間前の番付発表の週に完全休養を取るのは異例のこと。先場所中に右足親指を痛め、8月の夏巡業中も左膝にテーピングをして取組に臨んでいた。綱打ちに参加した前日(30日)も「まだまだ申し合いをできるような体ではない」と不調を訴えていただけに、しっかりと疲労回復に努めたようだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年9月1日のニュース