遼2週連続Vへ「複雑なライが多い」グリーン周り警戒

[ 2016年8月31日 05:30 ]

フジサンケイ・クラシックの練習ラウンドを行った石川遼

 男子ゴルフのフジサンケイ・クラシックは9月1日に山梨・富士桜CCで開幕する。先週のRIZAP・KBCオーガスタで今季初優勝した石川遼(24=CASIO、写真)がコース入りし、9ホールの練習ラウンドを行った。

 これが腰痛による離脱からの復帰3戦目。「先週も出来は50~60%。自信がゼロだったのが10~20%上がったくらい。スコアや順位を考えずにやりたい」と慎重も、09、10年に連覇した相性の良い大会で自身初の2週連続優勝に挑む。コース攻略の鍵に挙げたのがアプローチ。先週はショットの乱れを好調なショートゲームでカバーしたが、「高麗芝のラフで左足上がりやフラットなライが多かった。(離脱中に)そういうライで練習したので慣れもあった。でも、ここは球が沈んだり左足下がりになったり複雑なライが多い」とグリーン周りを警戒した。 

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年8月31日のニュース