リオ五輪代表・長谷川涼香 インターハイでバタフライ連覇 

[ 2016年8月21日 05:30 ]

全国高校総体(インターハイ)

(広島市総合屋内プールほか)
 全国高校総体(インターハイ)最終日は21日、広島市総合屋内プールなどで水泳が行われ、競泳女子100メートルバタフライはリオ五輪代表の長谷川涼香(東京・淑徳巣鴨)が58秒89で2連覇、200メートルとの2冠に輝いた。

 同100メートル平泳ぎは五輪代表の今井月(愛知・豊川)が1分8秒54で勝った。男子100メートルバタフライは幌村尚(兵庫・西脇工)が2連覇。同100メートル平泳ぎは花車優(香川・丸亀)が制した。女子800メートルリレーは五輪代表の池江璃花子、長谷川を擁した淑徳巣鴨が優勝、学校対抗は男女とも豊川が制した。男子高飛び込みは西田玲雄(大阪・桃山学院)が優勝。水球決勝は金沢工(石川)が頂点に立った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年8月21日のニュース