オープンウオーター8位平井 上位大混戦でメダルまであと2秒6 

[ 2016年8月18日 05:30 ]

男子10キロで8位に入賞した平井康翔

リオデジャネイロ五輪オープンウオーター・男子

(8月16日 コパカバーナ要塞)
 男子10キロは、10人以上がトップと5秒差以内でゴールになだれ込んだ大混戦。その中に平井もいた。だが、メダルとは2秒6差の8位。
 
 26歳の日本の第一人者は「ここに残っている選手は誰が勝ってもおかしくない。胸を張って帰りたい」とすがすがしい表情だった。昨年、リオデジャネイロで開催されたテスト大会で2位と健闘し、相性の良さを自任していた。「人生を変えるつもりで金メダルを狙う」と意気込んでいた2度目の五輪。目標には届かなかったが、力は出し切った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2016年8月18日のニュース