大野の兄・哲也さんも歓喜「自分の試合以上に緊張した」

[ 2016年8月10日 05:30 ]

応援する大野の兄・哲也さん

リオデジャネイロ五輪・柔道男子73キロ級

(8月8日 カリオカアリーナ)
 大野と同じ講道学舎出身の兄・哲也さん(26)は、持田監督と一緒にスタンドで観戦した。

 「自分の試合以上に緊張した。こみ上げるものがあった」と金メダルが決まると思わずうれし泣きした。天理大の暴力問題の時には「天国から地獄に落とされた。声をかけられず、見守ることしかできなかった」という。「本人は精神的に強くなったと言っていた。柔道を続けて五輪という舞台に立てて良かった」と涙を拭った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2016年8月10日のニュース