アリソン・フェリックス、100分の1秒及ばず…200m代表逃す

[ 2016年7月11日 14:36 ]

200メートルで代表を逃したフェリックス(右)=AP

 陸上の米国五輪代表選考会は10日にオレゴン州ユージンで最終目の競技を行い、女子200メートル決勝では400メートルとの二冠を狙ったアリソン・フェリックス(30)が22秒54の4位。3位のジェンナ・プランディーニ(27)にわずか100分の1秒およばず、この種目での代表(3人枠)の座を逃した。

 ロンドン五輪の200メートルで金メダルを獲得しているフェリックスの自己ベストは世界歴代6位の21秒69。「やれることはやったがだめだった。正直言ってとてもがっかり」と納得のいく走りはできなかった。なおトーリ・ボウイ(25)が22秒25で1位。ディージャー・スティーブンス(21)が22秒30で2位に入った。

 女子400メートル障害では若手のシドニー・マクローリン(16)が54秒15で3位に入って代表権を獲得。16歳で米陸上チームの五輪代表となったのは、1976年モントリオール五輪のロンダ・ブレイディー(100メートル障害)以来、40年ぶりとなった。

 男子400メートル障害ではカロン・クレメント(30)が48秒50で1位。しかし今季世界最高の48秒10をマークしていたジョニー・ダッチ(27)は48秒92の5位に終わって落選となった。ちなみに日本の野沢啓佑(25)が5月にマークした48秒67の自己ベスト(今季世界5位)を上回ったのは、決勝ではクレメント1人だけだった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年7月11日のニュース