遼も復帰戦 腰負担軽減の新スイング打ちやすい

[ 2016年7月6日 08:10 ]

18番、ティーショットを放つ石川遼

日本プロゴルフ選手権大会日清カップヌードル杯

(北海道クラシックGC)
 腰痛による長期離脱からの復帰戦となる石川はプロアマ戦で調整した。前日の練習ラウンドで不調だったドライバーについては「ショットはまずまず。フェアウエーキープ率は30%だったけど」と冗談めかした。

 リハビリ中に腰の負担を減らすため体重移動を抑えたスイングに改造しており「低い球は打ちやすいから良い感じ」と話した。予選ラウンドは歴代優勝者のブランド、金亨成と同組になった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年7月6日のニュース