桐生、右脚異常なし 日本選手権でけいれん 土江コーチ「問題ない」

[ 2016年6月28日 19:22 ]

 リオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権男子100メートル決勝で右脚にけいれんを起こした桐生祥秀(東洋大)が28日に病院で精密検査を受け、異常なしと診断された。土江寛裕コーチが明らかにした。

 リオ五輪代表に決定した桐生は、母校で開かれた壮行会に出席後、エックス線検査などを受けた。土江コーチは「脚は大丈夫。全く問題なかった」と状態を説明した。

 25日のレース中にけいれんを起こし、10秒31の3位に終わった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年6月28日のニュース