伝説アマの息子、中部トップ通過 2オーバー反省

[ 2016年6月28日 05:30 ]

トップ通過を決めた中部隆

 関東予選が開幕。中部隆(47)が後半35と盛り返し、2オーバーの74でトップ通過を果たした。なお上位18人にシニア枠1人を加えた19人が9月の関東決勝大会(神奈川・箱根CC)の出場権を得た。全成績は大会ホームページに掲載される。

 トップ通過の中部は千葉の名門、袖ケ浦カンツリークラブでハンデ0の実力者だけに「良くも悪くもなかったが、7番だけが余計でした」とティーショットを左に曲げ、第2打を木の根に当てたダブルボギーを悔やんだ。父は伝説のアマゴルファー、中部銀次郎氏。今大会には20年近く参加し、09年には4位と全国大会の常連でもある。ラウンド後はその日のプレーをチェックしてメモに残し、出張の合間などに改めて反省する。昨年はスイング改造による不調に悩んだが、今季は立ち直り「出る以上は可能な限り上位を目指したい」と全国での上位をうかがう。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年6月28日のニュース