魁聖、ブラジル出身初の関脇「もちろん上目指す」

[ 2016年6月28日 05:30 ]

新関脇に昇進した魁聖(左)と師匠・友綱親方

名古屋場所新番付発表

 ブラジル出身初の新関脇・魁聖は「こんなに上がれると思わなかった」と笑顔を浮かべた。

 「今までは“無理”と思ったら下がったが、諦めずにいこうと気持ちを切り替えた」と新小結の先場所は8勝7敗。師匠の友綱親方(元関脇・魁輝)は「師匠と肩を並べるぐらいが本人のためにもいい」と冗談交じりに笑うが、本人は「もちろん上(大関)を目指す」と欲も出た。8月には母国で五輪が控える。「勝ち越したい」と一足先に土俵での活躍を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年6月28日のニュース