香生子「悪くない」V セッテコリ国際女子平200メートル

[ 2016年6月28日 05:30 ]

 競泳のセッテコリ国際は26日、ローマで行われ、リオデジャネイロ五輪代表の渡部香生子(JSS立石)が女子200メートル平泳ぎを2分24秒20で制した。11日の欧州グランプリ(バルセロナ)でもこの種目で優勝しており「もう少し(いいタイムが)欲しかった。泳ぎは悪くなかったと思う」と話した。

 男子の五輪代表勢は長谷川純矢(ミキハウス)が50メートルバタフライで24秒13の6位。100メートル自由形の塩浦慎理(イトマン東進)は49秒92で8位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年6月28日のニュース