先発・山根乱調3回途中5失点 日本、米国に敗れ1勝2敗に

[ 2016年6月26日 05:30 ]

 ソフトボール女子の日米対抗最終戦は25日、宮城県仙台市のシェルコムせんだいで行われた。日本は先発の山根佐由里(26=トヨタ自動車)が3回途中でKOされるなど投手陣がつかまり、5失点。攻撃陣も相手失策による1得点だけにとどまり、1―5で敗れた。米国との3連戦を2勝1敗で終えた日本は来月15日にカナダで開幕する世界選手権で3連覇を目指す。

米  国(1勝2敗)
 003 020 0―5
 001 000 0―1
日  本(2勝1敗)
 (日)山根、浜村、藤田―佐藤、我妻、佐藤
 (米)トレイナ、バーンヒル―ムンロ

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年6月26日のニュース