宮里藍6バーディー3位 同郷の先輩・上原に「くっついていく」

[ 2016年6月26日 05:30 ]

第1ラウンド、1番でバーディーパットを決め笑顔の宮里藍

米女子ゴルフツアー アーカンソー選手権第1日

(6月24日 米アーカンソー州ロジャーズ ピナクルCC=6362ヤード、パー71)
 12年大会優勝の宮里は得意なコースで6バーディー、ボギーなしの完璧なプレーを披露し「ショットも凄く良くなったし、いいコースマネジメントができた」と笑みがこぼれた。

 出だしの1番で5メートルのバーディーパットを沈め、「あれが入って凄くいい流れがつくれた」という。その言葉通り、前半だけでスコアを5つ伸ばした。最終18番でも3打目をピン奥1メートルにピタリとつけてバーディーを奪い、大声援を浴びながら笑顔でホールアウトした。

 その後、報道陣から同郷の先輩である上原のスコアを聞いて「凄い。私もくっついていく」と刺激を受けていた。

 ▼23位・宮里美香 4アンダーは悪くない。私も伸ばして日本人で優勝争いができればいいなと思う。(昨年大会で2位)

 ▼92位・横峯さくら ロングホールでボギーにしてしまったのが本当にもったいない。ショートパットも2回外した。(伸ばし合いに加われず出遅れ)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2016年6月26日のニュース