ロシア重量挙げで五輪委 五輪メダリストの違反確定

[ 2016年6月26日 00:23 ]

 ロシア・オリンピック委員会(ROC)は25日、重量挙げのドーピング問題で、2012年ロンドン五輪男子85キロ級銀メダルのアプティ・アウハドフが予備のB検体でも陽性反応を示し、違反が確定したと明らかにした。タス通信が報じた。

 国際重量挙げ連盟(IWF)は22日、国際オリンピック委員会(IOC)が実施した08年北京、12年ロンドン両五輪のドーピング再検査で3件以上の違反が発覚したロシア、カザフスタン、ベラルーシに1年間の資格停止処分を科す方針を決定。予備も含めて違反が確定すれば、ロシアは陸上に続いてチームとして8月のリオデジャネイロ五輪に参加できなくなる。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年6月26日のニュース