内海ヘッド、3Pと速さで18人→12人に 渡嘉敷は直前合流

[ 2016年6月7日 05:30 ]

リオ五輪バスケットボール女子日本代表12人発表

 内海知秀ヘッドコーチは18人の候補から12人を選出したことを明かし「戦略を含め、3点シュートとスピードのあるバスケをできる選手を選んだ」と選考理由を語った。

 五輪切符を獲得した昨年のアジア選手権には出場していなかった近藤楓ら3選手も加わった。

 現在、米WNBAシアトルでプレー中の渡嘉敷については「合流は本番まで2週間もないくらいの時期」と直前になると説明した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年6月7日のニュース