谷原“汚名返上”誓う ホストプロも昨年は予選落ち「挽回したい」 

[ 2016年6月7日 05:30 ]

 男子ゴルフツアーのISPSハンダグローバル・カップ(23日開幕、石川・朱鷺の台CC)の開催発表会見が都内で行われ、大会主催の国際スポーツ振興協会所属のホストプロで前週のツアー選手権森ビル杯で3位に入った谷原秀人も出席。

 昨年は予選落ちに終わっただけに「昨年はふがいなかった。何とか挽回したい」と意気込んだ。大会には海外からの招待選手も多数出場予定で、11年マスターズ王者のシャール・シュワーツェル(31=南アフリカ)の2年連続の参戦も決まった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年6月7日のニュース