NBA23歳新人選手、恋人の部屋間違えて侵入…銃で撃たれ死亡

[ 2016年5月29日 14:45 ]

死亡したペリカンズのブライス・デジャンジョーンズ(AP)

 NBAペリカンズの新人ガード、ブライス・デジャンジョーンズ(23)が28日、テキサス州ダラスのマンションに不法侵入し、住んでいた男性に拳銃で撃たれて死亡した。

 1歳になる娘の誕生日を祝ったあと、先に帰った恋人を追いかけてマンションに来たまでは良かったが、その恋人が住んでいる4階ではなく3階の部屋のドアをノックしたのが不幸の始まり。応答がなく、てっきり無視されたと思ったデジャンジョーンズがドアを蹴って中に入り、寝室にいた男性に発砲された。

 警察によればデジャンジョーンズが発見されたのは外の通路。病院に運ばれたものの死亡したとされている。

 アイオワ州立大出身の同選手は今季2度の10日間契約を経てペリカンズでプレー。14試合に出場(先発11試合)して平均5・6得点をマークしていたが、2月に右手首を骨折して戦列を離れていた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年5月29日のニュース