日本女子、ロシア下し3位 車いすテニス世界国別選手権

[ 2016年5月28日 05:30 ]

 車いすテニスの世界国別選手権第5日は東京・有明テニスの森公園で行われ、日本女子は3位決定戦でロシアを2―1で下し、7大会連続の表彰台となる3位となった。

 シングルスで19歳の田中愛美(ブリヂストンスポーツアリーナ)が敗れたが、エースの上地結衣(22=エイベックス)が勝ち、ダブルスでも上地・二條実穂(35=シグマクシス)組がロシアペアを2―0で下した。

 大会最終日の28日は日本男子が9年ぶり3度目の優勝を懸け、フランスと対戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年5月28日のニュース