タイ戦レッドカードは「敵対的な振る舞い」と「遅延行為」

[ 2016年5月21日 23:11 ]

 国際バレーボール連盟(FIVB)の幹部は21日の記者会見で、女子のリオデジャネイロ五輪世界最終予選の日本―タイ戦(18日)第5セットでタイのキャテポン監督にレッドカードが2度提示された件などで見解を述べた。1度目は監督がコーチングゾーンを越えて抗議したため「敵対的な振る舞い」として出され、2度目は遅延行為が理由と説明した。

 レッドカードの前に示されたイエローカードについては「コールが遅かったため遅延行為と判断した」と説明した。第5セットのタイはレッドカードによる失点が響き、惜敗した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年5月21日のニュース