白鵬、稀勢が7連勝 日馬ら1敗3人

[ 2016年5月14日 18:44 ]

<夏場所7日目>碧山を突き落としで破る白鵬(左) 

 大相撲夏場所7日目(14日・両国国技館)横綱白鵬は碧山を突き落とし、大関稀勢の里が逸ノ城を送り出して、ともに7連勝でトップを守った。

 横綱日馬富士は栃ノ心を上手投げで下して6勝目を挙げたが、横綱鶴竜は関脇琴勇輝に押し出されて2敗目を喫した。

 大関豪栄道は嘉風を押し出して6勝目。大関琴奨菊は関脇勢を寄り倒して5勝目を挙げ、大関照ノ富士は正代に突き落とされ5連敗となった。

 全勝の白鵬と稀勢の里を、1敗で平幕栃煌山を含めた3人が追う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年5月14日のニュース