×

女子ダブルス決勝 福万&与猶組がタカマツと激突

[ 2016年5月1日 05:30 ]

 バドミントンのアジア選手権第5日は30日に中国・武漢で各種目の準決勝が行われ、女子ダブルスは世界ランキング9位の福万尚子、与猶くるみ組(再春館製薬所)が、14年仁川アジア大会金メダルのインドネシア組に2―1で逆転勝ちし、決勝で世界1位の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)と対戦する。福万、与猶組は優勝すればリオデジャネイロ五輪出場を確実にする。高橋、松友組は韓国ペアにストレート勝ち。男子ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)は世界1位の韓国ペアにストレート負けした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2016年5月1日のニュース