×

錦織 マドリードOPは第6シード ジョコ、バブリンカのゾーンに

[ 2016年5月1日 05:30 ]

 テニスのマドリード・オープン主催者は30日、男子シングルスの組み合わせを発表し、世界ランキング6位の錦織圭(日清食品)は第6シードで2回戦から登場することになった。世界30位のファビオ・フォニーニ(イタリア)と同22位バーナード・トミック(オーストラリア)の勝者と対戦する。マドリード・オープンは格付けの高いマスターズ大会で昨年は準決勝で敗退。順当なら準々決勝で同4位のスタン・バブリンカ(スイス)、準決勝で同1位の第1シード、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と当たるゾーンに入った。連覇を狙うアンディ・マリー(英国)が第2シード。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2016年5月1日のニュース