×

彩子は1アンダーの30位 さくらは予選落ち

[ 2016年5月1日 05:30 ]

米女子ゴルフツアーテキサス・シュートアウト第2日

(4月29日 テキサス州アービング ラスコリナスCC=6462ヤード、パー71)
 悪天候のため70選手が競技を終えられず、第2ラウンドの残りは30日に行われた。18位から出た上原彩子(32=モスフードサービス)は71で回り通算1アンダーの30位。35位スタートの横峯さくら(30=エプソン)は74を叩き通算3オーバーの83位で予選落ちした。ジュリーナ・ピラー(31=米国)が通算10アンダーで首位に立った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2016年5月1日のニュース