×

日本首位で決勝へ チームFRでリフトも1回増やした!

[ 2016年5月1日 05:30 ]

チーム・フリールーティン予選でダイナミックな演技を披露する日本代表

ジャパンオープン第2日

(4月30日 東京辰巳国際水泳場)
 チームFRが行われ、日本は首位で決勝に進んだ。ジャンプを行うリフトは3月の世界最終予選時の5回から1回増やした。

 井村氏も「今回のプログラムは、完璧にしたら(ライバルと)勝負ができるようにつくった」という自信作。ジャンパーの中村と水中で支える吉田が、陸上でも練習を繰り返すなどして完成度は上がってきた。一方でチーム全体の脚の動きにばらつきがあり、乾は「課題だらけ」と反省を口にした。

 ▽チーム予選 (1)日本(乾、三井、吉田、箱山、中村、丸茂、中牧、小俣)186.1360点(テクニカルルーティン92.4360、フリールーティン93.7000)(2)井村シンクロクA171.2726点(84.7059、86.5667)(3)アクラブ調布A170.3318点(84.4318、85.9000)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2016年5月1日のニュース