×

入江陵介が北島超え?の名言 松本薫の「パンツ焦がし事件」とは

[ 2016年5月1日 12:00 ]

「くりぃむしちゅーの!THE★レジェンド」に出演する(左から)高梨沙羅、入江陵介、松本薫(C)日本テレビ

 アスリートの仰天伝説をクイズで紹介する日本テレビの特番「くりぃむしちゅーの!THE★レジェンド」が2日午後9時から放送される。

 超一流アスリートのスタジオ登場が毎回の目玉。第4弾を迎える今回は、スキージャンプの世界女王・高梨沙羅(19=クラレ)男子200メートル背泳ぎで前人未到の日本選手権10連覇を果たし、リオ五輪に乗り込む入江陵介(26=イトマン東進)リオ五輪女子57キロ級で連覇を狙う柔道界の野獣・松本薫(28=ベネシード)がゲスト出演。

 「高梨が優勝すると、故郷で○○○が行われる」などという伝説クイズに、くりぃむしちゅー・有田哲平(45)バカリズム(40)女優・広瀬すず(17)が大喜利回答を連発。

 入江は、くりぃむしちゅー・上田晋也(45)に「リオ五輪で先輩・北島康介選手の“超気持ちー”“何も言えね~”を超える名言の予行練習を!」と無茶ぶりされ、スタジオ爆笑の名言が飛び出す。

 松本は、遠征先で起こった「パンツ焦がし事件」の真相やリオ五輪に向けた“野獣のなり方”を激白。出川哲朗(52)とリアルガチ柔道対決を行う。

 収録後、高梨は「本当に楽しかったです。競技人生に糧となる話が聞けました」と笑顔。「特に印象的だったのは、松本薫さんのロンドン五輪で金メダルを獲った際のエピソード。本番に向けて松本さんが意識している『自然と一体になる、会場となじむ、空を見る』というような話は、今まで自分になかった発想。自分は冷静を心掛けているが、松本さんは試合へのスイッチを段階的にオンオフしていくというのは参考になった。入江さんは前人未到の10連覇という凄い記録持っているのに周りの人に気を使う方だと感じました。夏の競技も冬の競技も、競技に対する考え方は似ていると感じました」と収穫を口にした。

 番組の見どころについて、入江は「僕もパネラーの皆さまと一緒に、高梨沙羅さんに関する『アスリート仰天伝説クイズ』に挑戦させてもらったのですが、まさか、鈴木奈々さんと一緒の解答になってしまったことですね。まさかの“おバカ解答”になってしまったのが見どころです」と笑いを誘った。

 出川との対決について「柔道着て、普段通り前髪を上げてスイッチ入れて、落ち着いて戦うことができました。出川さんは力が強かったです」と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2016年5月1日のニュース