池江璃花子JKデビュー 淑徳巣鴨高に初登校「新鮮です」

[ 2016年4月19日 05:30 ]

笑顔で淑徳巣鴨高に初登校する池江

 競泳の女子100メートルバタフライなどでリオデジャネイロ五輪に出場する池江璃花子(15=ルネサンス亀戸)が東京都豊島区の淑徳巣鴨高に初めて登校した。6日の入学式は五輪選考会中で参加できず、12日遅れで校舎に足を踏み入れ「通学時は電車も混んで大変だったけれど高校生になったんだと思って新鮮です」と初々しい表情を見せた。

 ブレザーは同じ体格をした卒業生から譲り受けた物だが、一般的に身長と同じ長さと言われる両手を伸ばした時のリーチが身長よりも14センチ長い1メートル84とあって、袖の長さが5センチほど足りずに苦笑い。教室の黒板に「有言実行」と抱負を記したスーパー女子高生。まずは五輪での決勝進出を目指す。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2016年4月19日のニュース