15歳・池江 400リレーで3種目目五輪切符決めた

[ 2016年4月8日 20:00 ]

<水泳日本選手権・5日目(女子100M自由形・決勝)>リレーでの五輪出場を決め喜ぶ内田(左)と池江

 競泳のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第5日は8日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子100メートル自由形は内田美希(21=東洋大)が日本新記録の53秒88で優勝。女子高生の池江璃花子(15=ルネサンス亀戸)が高校新記録の54秒6で2位に入った。

 ともに派遣標準記録には届かなかったが、上位4人による400メートルリレーでの派遣記録を突破。池江にとっては100メートルバタフライ、800メートルリレーに続き3種目目の五輪代表切符となった。

 ▼内田の話 個人での派遣記録に届かず悔しい。きょうは勝ちにこだわったのでそれはうれしいです。

 ▼池江の話 53秒台を狙っていたので悔しい。ただ(リレーでの)4人で行けるのでうれしいです。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年4月8日のニュース