琴奨菊、福岡知事に報告 県庁に1000人詰めかけ優勝祝福

[ 2016年3月4日 19:04 ]

 1月の大相撲初場所で日本出身力士として10年ぶりに優勝した福岡県柳川市出身の大関琴奨菊関(32)=本名菊次一弘、佐渡ケ嶽部屋=が4日、福岡県庁を訪れ、小川洋知事に優勝報告をした。会場が設けられた1階ロビーのほか、2階通路にまで市民ら約千人が詰め掛け「おめでとう」と祝福の言葉を掛けた。

 大関が「支えていただきありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えると、小川知事は「福岡県から横綱が出ることを待ち望んでいます」と言い、花束を渡した。

 祐未夫人(29)と大関の父一典さん(60)も出席。司会の紹介を受け一礼すると、会場から大きな拍手が送られた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年3月4日のニュース