五郎丸 5日SR初先発「思い出のスタジアム」で勝つ!

[ 2016年3月4日 05:30 ]

ウェスタンフォース戦に向けて調整するレッズの五郎丸

 スーパーラグビー(SR)のレッズ(オーストラリア)は3日、第2節ウェスタンフォース戦(5日、ブリスベン)の登録メンバー23人を発表し、FB五郎丸歩(30=ヤマハ発動機)のSR初先発が決まった。

 レッズは2月27日の開幕ワラタス戦で、CTBタエフが足首を故障。この試合で先発したFBハントが12番に回り、代わって五郎丸がFBで先発することになった。

 複数の豪紙によれば、タエフは全治6~8週間の重傷で、その間は今回の布陣が敷かれる可能性が高い。五郎丸がチーム首脳からの評価をさらに高めれば、タエフの復帰後も15番で先発できる。五郎丸はこの日、更新した公式ブログで「13年前に高校日本代表で試合した思い出のスタジアム。あの時のスタジアムでRedsの15番をつけてプレーできることを心からうれしく思います」とコメントし、グレアム監督は「我々にとって全てを兼ね備えた選手」と期待した。

 相手のウェスタンフォースは昨季、13位のレッズを下回る最下位(15位)。対戦成績もレッズの2戦2勝で、戦力的にも昨季から大きな上積みはない。まさに負けられない相手、負けられないホーム開幕戦で、五郎丸の右足がうなりを上げる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年3月4日のニュース