松山 股関節痛も練習R18ホール敢行「出たい」出場意欲

[ 2016年3月4日 05:30 ]

大会開幕を控え、調整する松山英樹

 男子ゴルフの世界選手権シリーズ・キャデラック選手権は、3日(日本時間4日未明)、米フロリダ州のトランプ・ナショナル・ドラルで開幕。日本からは、松山英樹(24=LEXUS)と宮里優作(35=フリー)が出場する。

 股関節痛を抱えている松山は、2日に練習ラウンドを実施。トレーナーには9ホールで切り上げるように促されたが、18ホールを回り「(試合に)出たい気持ちが強い。無理はしていない。そこまで回復していると思っている。あしたはたぶん大丈夫。しっかりと準備をしたい」と出場に意欲を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年3月4日のニュース