×

日本ラグビー協会理事会 現役選手が異例の出席

[ 2016年2月18日 23:13 ]

 ラグビー日本代表の元主将の広瀬俊朗(東芝)が18日、日本ラグビー協会の理事会に選手代表として出席した。現役選手の参加は異例だが、意思決定プロセスを選手に理解してもらうことを目的として協会から要請され、実現した。

 スーツ姿で出席した広瀬は「(選手側の)意見を言って、発信していきたい」と今後も継続して参加する意向を示し、日本協会の坂本典幸専務理事は「どんな議論をしているか見てほしいし、率直に言ってほしい」と期待した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2016年2月18日のニュース