×

宇野“史上初の大技”4回転ループ3本着氷

[ 2016年2月18日 05:30 ]

笑顔で公式練習に臨む宇野昌磨

フィギュアスケート四大陸選手権

 男子の宇野昌磨(愛知・中京大中京高)が午後の公式練習で、4回転ループを3本着氷させた。国際スケート連盟が公認する大会では、まだ成功例がない“大技”。本人が満足できるジャンプは1本だけだったそうだが「状態が良くなくても決まるようになってきた」と手応えは上々のようだ。

 ただ、あくまで単発での着氷で、演技構成に盛り込んでの練習はできていないという。今大会でも跳ぶ予定はないが「近いうちにはやりたい。誰も跳んだことがない4回転ジャンプをしたい」と意欲を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2016年2月18日のニュース