女子はLS北見初優勝、富士急に快勝 カーリング日本選手権

[ 2016年2月13日 18:09 ]

カーリング日本選手権女子決勝 LS北見―富士急 優勝を決め喜ぶ藤沢(右端)らLS北見の選手たち

 カーリングの日本選手権最終日は13日、青森市のみちぎんドリームスタジアムで行われ、女子決勝はLS北見が富士急を9―5で下し、初優勝した。第4エンドまでにスキップ藤沢の好ショットなどで6―1とし、逃げ切った。男子決勝はSC軽井沢クが第8エンドに奪った2点が効いてチーム東京に6―3で快勝し、4連覇を決めた。

 優勝チームは3~4月の世界選手権、来季のパシフィック・アジア選手権、来年2月の札幌冬季アジア大会に日本代表として出場する。日本が2018年平昌冬季五輪の出場枠を得て、両チームが来年も日本選手権を制した場合は五輪代表に内定する。3位決定戦は女子が北海道銀行、男子は札幌が勝った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年2月13日のニュース