大野 今春から大学院生「ケガで柔道できない時に充電期間に」

[ 2015年12月26日 05:30 ]

1年を総括する73キロ級の大野

 8月の世界選手権を制した73キロ級の大野将平(旭化成)は今春から母校の天理大大学院に通っていることを明らかにし「いろいろな本を読んでいる。ケガで柔道ができない時期には充電期間にもなっている」と笑顔で話した。

 体育学を専攻し、ロサンゼルス五輪覇者の細川伸二氏の教室で指導を仰いでいるという。来年4月の代表選考、8月の本番と厳しい戦いが待っているが「結果でも内容でも大野が一番強いということを証明し、リオ五輪で金メダルを獲得したい」と宣言した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年12月26日のニュース