20年東京五輪で団体戦実施期待 国際柔道連盟会長

[ 2015年12月7日 05:30 ]

 国際柔道連盟のマリアス・ビゼール会長が6日、都内で会見を開き、20年東京五輪での柔道団体戦の実施と、プレ五輪大会となる19年世界選手権の東京開催に期待感を示した。

 同会長は「男女の団体戦、男女混合による団体戦の2パターンを国際オリンピック委員会に提示したい」と明言。また、19年世界選手権の東京開催について「他の都市も興味を持っているが、五輪と同じ会場で世界選手権を実施することは選手や審判だけでなく組織委員会にとっても有益」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2015年12月7日のニュース