松本飛びつき腕十字は予想外…2回戦で敗退

[ 2015年12月5日 05:30 ]

女子57キロ級2回戦で敗退した松本

柔道グランドスラム東京大会第1日

(12月4日 東京体育館)
 今年の世界選手権を制した女子57キロ級の松本が2回戦負けを喫した。「飛びつき腕十字は頭になかった。悔しい気持ちでいっぱい」と13年世界女王のシルバ(ブラジル)に右腕をとらえられ、たまらずタップした。

 安定した戦いぶりを見せた世界選手権から「あの柔道を超えていかないと」とテーマを掲げて臨んだ今大会。思わぬ足踏みに「次の試合ではこういうミスはしない」と険しい表情だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年12月5日のニュース