白鵬、まさかの猫だまし2発 10連勝で単独トップ 日馬が1敗追走

[ 2015年11月17日 17:50 ]

<大相撲九州場所10日目>猫だましを仕掛け、栃煌山を寄り切りで破った白鵬(右)

 大相撲九州場所10日目は17日、福岡国際センターで行われ、ここまで全勝の横綱・白鵬が栃煌山を2度の猫だましで翻ろう。最後は寄り切って10連勝を決め、単独トップを守った。

 白鵬を追う横綱・日馬富士は、大関・琴奨菊を上手出し投げで下し、1敗をキープ。琴奨菊は昨日に続く連敗で、3敗目を喫した。

 1敗で白鵬を追っていた大関・稀勢の里は、豊ノ島に押し出しで敗れて2敗に後退。横綱・鶴竜も大関・豪栄道に寄り切られて4敗目を喫した。

 平幕勢も、高安が旭秀鵬に、松鳳山が勢にそれぞれ敗れ、共に2敗に後退した。

 ▼北の湖理事長(元横綱)の話 猫だましをやられる方もやられる方だが、やる方もやる方だ。しかも横綱だから、負けていたら笑いものだった。白鵬はせっかく全勝で走っても、これではいい感じに見られない。稀勢の里は本当に痛い1敗だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年11月17日のニュース